ディズニーランドのダンサーはレベルも高く競争率も求められます!ディズニーランドのダンサーになるための方法をご紹介します。

ディズニーランドのダンサーになるには

ディズニーランドと言えば大人から子供まで幅広い年代に愛される夢のテーマパークですよね。
そんな素晴らしいステージで踊ることができれば観客からも注目を集められることは間違いありませんし、ダンサーとしての充実感も同時に味わうことができるでしょう。
ディズニーランドで踊ることが夢でダンサーを志す人も決して珍しいことではないので、ディズニーランドのステージに立てるダンサーというのは必然的に一部の人間に限られてくることになります。
オーディションの応募者数も他の案件と比べると非常に多いので、実力をしっかり身に付けておかなくてはならない厳しい世界であることは間違いありません。

まずはオーディションに応募する

ディズニーランドでダンサーとして活躍するためには、まずオーディションに応募して合格しなくてはなりません。
ではどのようにして応募するのかと言いますと、オリエンタルランドが一般向けに1年に1回オーディションの募集を行いますのでそれに参加するとよいでしょう。
参加条件など細かな内容がホームページに記載されていますので、しっかりと確認してから応募するようにしてください。
オーディションの流れとしては、まず書類選考が行われて1次審査へと移ります。
1次審査では実際に会場に出向いて実技を披露することになります。
合格すれば2次審査へと進み、ダンスの実技と体力審査などが行われます。
これを通過すれば3次審査へと進み面接という流れになります。
オーディションで行われるダンス実技はジャズ・バレエの2種類が男女共通科目となり、ヒップホップは男性のみ必要科目となっています。

オーディション参加者は強者揃い

ディズニーランドのオーディションに参加するダンサー達はほぼ経験者ばかりとなっており、優れた経歴を持つ人物も複数参加してくるので非常に険しい道のりとなってきます。
全くの未経験者でもオーディションに参加することは可能ですが、やはりジャズやバレエの経験が豊富にあるダンサーの方が有利であることは事実です。
しかしオーディションにおいて最も大切なことはディズニーランドのダンサーとして活躍したいという強い想いと向上心ですから、常に研究を惜しまない姿勢もダンサーとして必要な素質です。