人気のバックダンサーにどうしたらなれるのか、プロのバックダンサーとは?必要な能力など、ご紹介します。

バックダンサーになるには
バックダンサーへの道のり

バックダンサーという職業には特別な資格や学歴が求められることはありませんが、人に見られる仕事であるが故に確実なスキルと向上心が求められます。
また「バックダンサーとして活躍したい」という強い意志を持つことも非常に重要なポイントとなってきます。
技術力を確かなものにしていくためには、ダンスの専門学校、ダンススクールなどで基礎的な技術を学んでいくことが最先端の道のりと言えますが、独学でバックダンサーを目指すことも決して不可能ではありません。
しかし独学の場合は、基礎的なステップを学んだり、自己分析をするということが難しいのでスクールでスキルアップを図る人も多いです。
ダンススクールと一言で言ってもそれぞれに特徴があります。バレエなどの基礎的なジャンルから総合的なダンス技術を学べたり、どこに重点を置くかによって選び方も異なります。

プロとして活動していくためには

バックダンサーとしての技術を身に付けた後にはプロとして仕事をする機会も増えていきます。
一般的にはダンススタジオや芸能プロダクションに属して活動することになります。
しかしプロダクションに在籍しているからと言ってすぐに仕事を紹介してくれる訳ではなく、無名のうちは複数のオーディションに受けて合格しなくては仕事に繋がることはありません。
また非公開のオーディションに積極的に参加をして人脈作りに励むのも成功への近道と言えます。

バックダンサーに必要な能力

バックダンサーの仕事はあくまでも主役を引き立てるために存在するものです。
存在感が薄れることはバックダンサーとして致命的ですが、主役よりも注目を集めてしまうことは控えなくてはなりません。
またバックダンサーとして求められる表現力、コミュニケーション能力、基礎力の応用など、各シーンごとに求められるスキルも異なります。
例えば集団でダンスをする時にはバックダンサー全員の呼吸が1つにならなくては完成しない演出もあります。
このような時にコミュニケーション能力が欠けていてはパーフェクトな演技を実現できない可能性もあるのです。
オーディションによっては前日に急遽決まることもあるので、常に最高のパフォーマンスができるようトレーニングを重ねておくこともバックダンサーには必要であると言えるでしょう。