日本女子体育大学について、ダンススクールとしての特徴や卒業生からの評判、設備、学費についてまとめました。

おすすめ学校ガイド
第3位

第3位 日本女子体育大学

日本女子体育大学 オススメ度4 ☞ 公式サイトで詳しく見る

日本女子体育大学の特徴

日本女子体育大学のダンス学科は、知識だけではなく技能の向上、表現力も鍛え上げてくれます。
ダンスのテクニックや振付、演出などの習得が可能で、自分だけのパフォーマンス力を身に着けて実践できます。
ダンスで体を動かすことに留まらず、ダンス公演の制作やマネジメントの方法など、一貫してダンスに関わることを学べるので、これまでとは違った気づきや意欲が芽生えることも。

日本女子体育大学の評判

・キャリアセンターが設置されていて、進路や就職に関する相談まで些細なことまで気軽に相談できる施設があります。同期の友達など違う学科でもたくさんできます。
・切磋琢磨し合うことができる仲間がたくさんいる。学校生活はそれぞれが活発に活動している印象があり、部活動なども活発である。
・授業は誰にでもわかりやすく丁寧に最後まで生徒たちに指導してくれる。就職率も良く、学んだことを生かすことができる企業への就職が多い。

日本女子体育大学の施設

卒業生は、チアリーディングチームに就職したり、有名一般企業、スポーツ関係、教員、福祉関係などへ就職しています。
ダンスを生かした仕事に就く人もいる傍ら、ダンス以外の分野への就職もあり、在学中に自分が何をしたいのか考えていくことが可能です。
就職比率は、19年連続90%越えを誇り、就職できる環境が整っている学校と言えます。
ダンス学科は、単位修得、卒業にて中学校教諭一種免許状や高等学校教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状などの取得が可能です。
ダンスセラピー・リーダーの資格取得ができるので、試験で優遇されたり、将来的に資格を生かすこともできます。

日本女子体育大学の受講料/授業料

【前期】
・入学金:30万円
・授業料:37万5千円
・実験実習費:3万5千円
・施設設備費:15万円
・学生諸費:4千円
・学友会費(委託徴収金):1万500円
・桐の会会費(委託徴収金):8千円

【後期】
・授業料:37万5千円
・実験実習費:3万5千円
・施設設備費:15万円
※他、教育実習・学外実習を含む科目は、別途必要額徴収あり。

・初年度合計:144万2,500円

☞ 公式サイトで詳しく見る