ダンサーの資格について必要な情報をまとめました。

ダンサーに関する資格や試験
ダンサーには資格が必要なのか

ダンサーになるためには何か特別な資格を取得する必要性はありません。もちろん国家資格というものも存在しませんので、試験を受けてプロのダンサーになれるというわけでもないのです。ただ、その分ダンサーとしての実力やセンスが問われる職業でもあるのは事実ですので資格取得して就職する分野よりも遥かに厳しい世界であると言えます。
またダンスのジャンルや目指していく方向性によっては民間から出しているいくつかの資格を取得することも視野に入れる必要があります。
ではダンスの資格というのは具体的にどういったものがあるのか、詳しくご紹介していきましょう。

キッズダンサー資格認定とは

キッズダンサー資格認定制度とは、一般社団法人日本キッズダンス協会から出される資格制度であり、この目的とは主にキッズを対象としたダンサー達のさらなる発展と育成を視野に入れたものとなっています。
キッズダンサー資格認定には2種類の制度が設けられており、1つ目はゼネラルキッズダンサー資格認定と呼ばれる資格。こちらはゼネラルキッズダンサーとして一定のスキルを持ち合わせている人に与えられる資格となっています。
2つ目はプロフェッショナルキッズダンサー認定資格と呼ばれる制度です。こちらはダンサーとしての基本的な技術と知識に加えてゼネラルキッズダンサーよりも高い能力を持ち合わせている者に対して与えられる資格となっています。

ストリートダンス検定とは

ストリートダンス検定とは様々な表現方法、芸術、エンターテイメントがある中で、ダンスという文化にスポットを当てた資格制度となっています。ダンサーとしてのレベルを知ること、プロとして歩んでいくためには何が必要か、などの点を基礎的な部分から学んでいくことにより、さらにダンサーとしてのスキルアップを図ることを目的としています。
スクールやプロダクションの就職時にも履歴書に活用できるので能力をしっかりとアピールすることができます。

資格を持つことは有利なのかか

この他にもインストラクターや社交ダンスなど様々なジャンル毎に資格制度が設けられていますが、資格を所有している方が有利かと言えば実際にはそうでもないケースが多いです。
就職時には自己アピールとして使えるので面接官に好印象を与えることには繋がりますが、最終的には実力主義の世界ですからスキルを磨くことがプロとして最も必要なことであると言えるでしょう。