ダンサーになるには|ダンサーの給料・年収・収入

ダンサーになりたい人の基礎知識
プロダンサーの収入

ダンサーの収入は一般的に1つの仕事に対してギャランティーが発生する形となるので、会社員のように月給制ではなく仕事1つ1つに報酬が発生する単発のものと捉えていいでしょう。
その報酬も定められた一定の額が支給されるわけではなく、仕事内容、ステージの規模、ダンサーの能力によって大幅に変動してくることになります。
また知名度のあるダンサーであれば好条件で仕事の依頼が舞い込んできたり、ギャラの交渉もできるようになるので実力が全てと言っても過言ではないでしょう。
巷で馴染のあるイベントクラブの案件の場合は1ステージでおよそ2~3万円が相場となっています。
またダンサーの多くは1つの仕事が終了すれば即ギャラが発生する、もしくは日給制で報酬を受け取る形となっており、日給平均にすると6000円から1万円ほどとなります。
しかし毎日仕事があるかどうかはダンサーの実力によって異なってくるので、多くの収入を得て安定した生活を送ることができるようになる人は一握りに限られるでしょう。
クラブのバックダンサーやイベントなどは拘束時間もそれほど長くはありませんが、ミュージカル公演などは数ヶ月拘束されることが普通です。
しかしこれほど長期間参加しても報酬は100万円を下回るケースが多いので、非常に不安定な生活を強いられることも覚悟しておいた方がいいでしょう。

講師やインストラクターと掛け持ちする方法も

現役ダンサーとして活動する以外にも、例えばダンススクールの講師やインストラクター、振付師といった職業の選択肢もあります。
特に駆け出しのダンサーの場合は踊るだけでは生計を立てられないことが多いので、インストラクターの仕事を掛け持ちするパターンが主流のようです。
インストラクターになるとレッスンがある時に一定の報酬が発生する形になりますから、ダンサーとしての活動と並行して行えばある程度まとまったお金を得ることができます。
ダンサーだけで生きていくには長い年月をかけて実力をつけていなくてはならないため、仕事がないうちはこのような掛け持ちを視野に入れて地道に人脈を広げていくのがいいでしょう。
チャンスに恵まれるようになると報酬も飛躍的にアップし、テレビやCMに出演できる可能性も高まります。