芦屋大学について、ダンススクールとしての特徴や卒業生からの評判、設備、学費についてまとめました。

おすすめ学校ガイド

芦屋大学の特徴

芦屋大学ダンスコースは、ダンスの技術を磨きながら教員免許状を取得することもできます。
そのため、将来の就職への展望も広がり、様々な選択肢が生まれます。
ダンスは現役のプロから学べるので、質が高いものを伝授してもらえ、吸収して自分で感じて考えられることも多いです。
バレエやジャズ、ストリートダンス、演劇など多ジャンルを学べるので、活動の幅も広がります。
ダンスはレベルが分けられているので、ついていけるか不安に感じている人でも安心です。
初心者、経験者によって自分に合ったクラスが選択できるので、心配いらずです。
勉強とダンスを両立できる工夫がなされているので、好きなことをしながら将来への備えもしっかり行えます。

芦屋大学の評判

・学内の施設が新しくみんな気持ち良く使えます。サークルも多く、自分が好きなサークルが選べます。
・自分の学びたいことが詳しく学べるのでとても充実していて講義も面白い。同じ学科の人達との仲も良い。
・とても親身になって卒論計画のことなどを話してくれて役に立っています。たくさん友達もいて部活動も盛んにおこなわれています。強豪の部活動もあります。

芦屋大学の実績

企業などへの内定率は90%以上を誇っており、就職もしっかり行えることがわかります。
中学校教諭一種免許状や高等学校教諭一種免許状、簿記検定、TOEIC、TOEFLなどの免許や資格が取得可能です。
中学校や高等学校教員、ダンサー、パフォーマー、舞台スタッフなどが目指す職業として挙げられます。
在学中に、ダンス大会のゲスト出演や、各種イベントに参加した実績が数多くあり、様々な体験ができるので刺激にもなり、充実した大学生活を送ると共に、将来の夢を考えるきっかけにもなります。

芦屋大学の受講料/授業料

〈社会人特別入試以外〉
【前期】
・授業料:37万5千円
・施設費:22万5千円
【後期】
・授業料:37万5千円
・施設費:22万5千円

・年間:120万円

〈社会人特別入試〉
【前期】
・授業料:25万円
・施設費:15万円
【後期】
・授業料:25万円
・施設費:15万円

・年間:80万円

※他、取得資格に応じて別途費用要。

☞ 公式サイトで詳しく見る