日本工学院について、ダンススクールとしての特徴や卒業生からの評判、実績、学費についてまとめました。

おすすめ学校ガイド
第3位

第3位 日本工学院

日本工学院の特徴 オススメ度3 公式サイトでもっと詳しく見る
日本工学院の特徴

日本工学院ではあの有名プロダンサーであるSAMが総合プロデュースするダンス専門学科を設置しています。 種類は大きく分けて7つ。ダンス&ヴォーカル専攻、バックダンサー専攻、プロダンサー専攻、ダンスインストラクター専攻、ミュージカルダンサー専攻、テーマパークダンサー専攻、コリオグラファー専攻となっています。
ダンスと歌の両方を極められるダンス&ヴォーカル専攻ではダンスの基本的なステップからヴォーカルトレーニングも学ぶことができるのでデビュー後も多方面で活動することが可能!
ダンサーとして活動していきたいのであればプロダンサー、バックダンサー専攻を選択。幅広いジャンルに対応できるようにプロダンサーとしてのテクニックを習得していくことができます。
ミュージカル・テーマパークダンサー専攻ではシーンに合わせたテクニックとステップを学んでいくことができます。
授業内容や講師の選択はすべてSAMが行っているので、プロダンサーに問われるスキルを総合的に高めることができます。
プロダクションとの繋がりからプロデビューまで最大限にバックアップします。

日本工学院の評判

・すごい経歴を持つ講師ばかりが勢揃いの学校なので安心して学ぶことができる。
・テレビでも有名なSAMさんから直接アドバイスをもらうことができるが、とても話しやすくて悩みも相談できる。
・ダンサーにとって必要な基礎的能力を全部教えてくれるのでダンスをより一層好きになれました。

日本工学院の実績

日本工学院ではプロデビューするための様々なサポート体制を取り入れています。オーディション情報を豊富に提供すること、オーディション合格へのアドバイス、イベントやテレビ出演などのチャンスを掴むために在学中から積極的にアプローチしていきます。
バックダンサー、モデル、ダンスインストラクターなど幅広いジャンルから在学デビューを果たしています。
テレビCM、音楽PV、アーティストのバックダンサー、専属プロダンサーなど将来進みたい分野で活躍できるようにサポートしていきます。

日本工学院の受講料/授業料

・入学金(前期授業料含む)/815,690円
・後期授業料/600,000円
・1年次合計金額/1,415,690円
・2年次授業料/1,240,000円

公式サイトでもっと詳しく見る